アメリカ留学で人生が変わった

私は大学3年生の時にアメリカに留学しました。留学以前から海外、その中でも特にアメリカに興味を持っていました。大学1年生の春休みにサークルの先輩が留学したのをきっかけに、私もアメリカに行ってアメリカで英語を学びたいと思うようになりました。留学を決意してから私はアルバイトに励みました。そしてアメリカに留学してから一生懸命英語を学びました。

今振り返るとアメリカ留学は半年だったので、そんなに長いものではありませんでしたが、留学を通して手に入れたものはたくさんあります。まず1つ目は目標達成に向けて自分で計画を立てて動けるようになったことです。アメリカ留学は学校や親が用意してくれた物ではなくて自分で行くことを決め、自分で計画したものです。

留学が上手くいくかどうかは他でもない自分にかかっているのです。失敗しても誰も責めることはできません。今までそういう状況に置かれたことのなかった私にとってはとても貴重な経験になりました。2つ目は語学力です。中学生や高校生の頃から英語は好きだったので、英語はある程度わかったつもりでいたのですが、半年間アメリカに行って、実際にアメリカで英語を学んでみると、今まで知らなかった英語の知識がどんどん頭に入ってきました。

単語帳の暗記や文法書の勉強では手に入れることのできない”本当にアメリカ人が使っている生きた英語”を学ぶ事が出来ました(実際に留学では楽しみながら英語を勉強できたので、必死にとか一生懸命という表現とは少し違うかもしれませんが)。やはり毎日英語を使って生活するので、日本で一生懸命勉強するよりも何倍もスピードが上がるという印象です。