アメリカ留学をしたらインターンシップも体験してみよう

まず、インターンシップについてお話します。インターンシップとは、学生が在学中に就業体験をする事です。これは学校と企業との連携によって行われています。

~インターンシップのメリット~

①実際にその企業の業務内容や社内の状況を知る事ができ、就職をする際に大いに役立つ

②学校では知り得ない専門知識を得る事ができ、また違う勉強方法などを考える事ができる

③将来実際に就職する前にその会社への適応能力を高める事ができる

④実践的な能力を身に着ける事ができる

インターンシップはもちろん日本でも行われています。しかし、それはあくまで日本企業。アメリカ留学中に体験できるのはアメリカ企業です。例えばエアーライン、ホテル、一流企業など、各スクールで企業の違いはありますが、自分の希望の職業を実際に体験する事ができるのです。海外就業経験は必ず将来のキャリアに良い意味で影響を与えてくれるでしょう。

また、インターンシップは英語力を試す良い機会でもあります。アメリカ留学で学んだ英語を実務として生かし、それが出来た時には自分に自信が持てるようになります。ビジネスで必要なのは日常会話だけではありません。

専門用語がありますので、少々難しいかもしれませんが、折角アメリカに留学するのですから、経験しない手はありません。また、アメリカ企業で働きたいと考えている方には絶好のチャンスとも言えるでしょう。憧れの企業で実務経験をすれば、必ず将来の糧になるに違いありません。

オーストラリア留学もオススメです。